味噌ダレに漬けた串カツは味噌のコクと甘みが染み込み、何本でも食べられる

豆味噌と牛のスジ肉や豚の臓物を煮込んだ「どて鍋」に、カリっと揚がった串かつをドボンと浸して食べる。今でもこのスタイルで食べられる老舗もあり、「とん焼」など焼き物と、どて鍋で煮込まれたモツ「どて煮」、大根や玉子、こんにゃく「おでん」と共に、酒の肴として食べられる。

居酒屋の定番、串カツは味噌とソースを選べる店が多く、店独自の特性味噌ダレをかけたり、どてに漬けたり。串カツもブランド豚や鶏肉、名古屋コーチンを使っている店もあり、それぞれの肉の食感と旨み、サクサクの衣、味噌ダレのコクと甘みを味わえる。

ページのトップへ